« 石垣島にて | トップページ | ニンガチ・カジマイ »

2008年3月11日 (火)

餃子を食スは至福の時

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

きょうは仕事が早く終わり、明日も比較的ゆっくりなので

夕食は、ビールを飲みながら…っと、頭ン中はビールを

呑む事で一杯!

職場から土砂降りの石垣島を徒歩で約20分。

マックスバリュー新川店にたどり着きました。

このところの天候不順のせいか「たーまなーも、まーみなーも

ねーらんばーよ」といった状態。

残り最後の1本となっていた「ザ・プレミアムモルツ」と「オリオン」

「残波」をかごに入れ、つまみは何に…と、見渡すと、餃子が目に

飛び込んできました。

「何も、このタイミングで餃子?!」と、眉をひそめる御貴兄もいらっ

しゃるのでは…。中国製冷凍餃子の殺虫剤混入事件以来、冷凍

餃子の人気はがた落ちですからね。「あんな事件があった直後、

下手な物は出回らないやろ。」と、考えたわけでもありません。

ただ単純に、一人暮らしで、一人分作るのが面倒くさかっただけです。

(そう言えば、元・会津っぽ・現・幸楽苑の「冷凍生餃子」という表現が、

紛らわしいと感じたのはワタクシだけ?)

どうもこの所、餃子を食べるタイミングを逸していて、脳は「ビール」と

「餃子」を結び付けたようです。だいたいにして、「餃子の王将」育ちの

ポルコ、嫌いなわけはありません。

そういえば先日、宮城生協から「あなたは過去にJT(元・旭フーズ)

一口餃子を●●個購入されましたので●●円返金します。」と言う

内容の手紙を頂きました。「とってもパーソナルな情報を…何故?!」

と、思いながらも「返金して貰ったからいいか?」と言うところで落ち着

きました。 よく、「中国製が怖い」という御貴兄が居られますが、とても

ナンセンスと思います。 国内製造を謳っていても、原材料は輸入品

であったり、国内流通には検査の義務がなかったり…。

「中国のが危ない!」と、言う前に、自国の自給率を考えてみては如何かと

思うわけです。 日本の現在の1次産業の状況を考えれば、自国だけでは

どうしようもない現実を突きつけられます。1次産業は=国力です。ITや

トレーディングも良いですが、それでは国は成り立ちません。

また、中国製の冷凍餃子事件で、お子様が犠牲になっている事も由々しき事

の様に思います。  以前、山本益博氏は著書の中で「人間は考える舌である」

と書いておられます。「その食物を摂取出来るか否かを感じる器官」という事です。

子供の栄養摂取は、やはり親の責任だと思います。  子供たちのご飯を

味見する事も、重要な親の役目ではないでしょうか?

親が自ら料理を作れば、自ずから安全は保たれます。 忙しい昨今、出来合いの

食品に頼らざる負えないのも事実です。 せめて、袋からそのまま食卓に出さず、

一手間掛けるか、味見ぐらいはしては如何かと思います。

そういえば、友人(既婚女性、三人の子持ち)の作る餃子のおいしい事!

子供たちも包むのを手伝って…そういえば、子供の頃よくやらされたっけ?!

ナドと思いつつ、今宵は冷凍餃子で…乾杯!

あちゃがふー、うがんなびら。また、めんそりーよ!

« 石垣島にて | トップページ | ニンガチ・カジマイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

餃子の王将ってなつかしいんですけどぉ・・・学生時代よくいきましたわhappy01

お料理、できないながらも、自分で用意する時はひとてまをこころがけようと思ってますぅ~

こんばんは~
久しぶりに読めてうれしいです。

ちなみに私は昨夜、551の豚マン、餃子、甘酢団子でビール飲んでました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/40462425

この記事へのトラックバック一覧です: 餃子を食スは至福の時:

« 石垣島にて | トップページ | ニンガチ・カジマイ »