« ちゃんぷる文化はちゃんぽん文化 | トップページ | ソーキと排骨 »

2008年4月15日 (火)

うどんdeSKY?そばdeSKY??

ハイサイ!ちゃーがんじゅーですか?

前回、ちゃんぽんに少し触れましたが、同じ長崎名物の麺料理「皿うどん」の存在も無視できません。 パリパリの細麺に甘めの野菜あんかけがとろーりと美味しい皿うどん。 見た目的には「うどん」と言うよりは「そば」。 通常、麺の太さで「そば」といったり「うどん」と言ったりします。 言語学者さんによれば、形状ではなく「文化圏」によって、うどんと言ったりそばといったりするそうです。 そういえば、長崎は古くから「五島饂飩」の文化圏。では、「沖縄そば」「八重山そば」は?

琉球王朝時代、「沖縄そば」は朝廷でしか食べられない貴重な物でした。明治時代より日本に併合され「日本化教育」がされました。日本中央政府から送られてきた役人は殆ど東国(東蝦夷)出身。蕎麦文化圏なのです。

また、1970年代、沖縄返還にあたり、「沖縄そば」に対し、日本政府は「蕎麦粉を含有していないので蕎麦と言う表記は違法」という蛮行を行います。それにより「すば」という表記が沖縄県では広がります。「じゃあ、ヤキソバはどないやねん!!」と、ツッコミたくなるのですが、現在では「沖縄(琉球)そば」として、表記は認められています。

八重山には、独特の「沖縄そば」が存在します。いわゆる「沖縄そば」は平麺に対して、八重そばは「丸麺」…以外はあんまり変わりありませんが…。

ちゃんぽんも、八重そばも沖縄そばも小麦粉を伸ばすのに使うのは「木灰水」。中華麺に使われるカンスイではありません。おそらく、昔の中華麺も「灰汁」を使っていた物と思います。ちゃんぽんも沖縄(八重)そばも、そのなごり。 ソーミンチャンプール(素麺の炒め物)はどう見てもビーフン(米粉)。ビーフン、フォーといえば、アジアの麺のメインキャスト。

最近は、100円ショップでの「稲庭饂飩」商標問題などもあります。 消費者の皆様は、本当に100円で、美味しい「稲庭饂飩」が買えると思っているのでしょうか? もし、そう思っているのなら、是非、小麦を作ることを体験してください。粉にし、本物の麺を作る所を御覧になってください。そして、その歴史を知ってください。 仏教伝来とともに伝えられた饂飩造り。 知らない国で、知らない人たちが、機械で作っているのとわけが違います。

日本の国も、商標としての法律より、文化遺産として「そば」「うどん」を見ていただけないものかと思います。

あちゃがふー、うがんなびら。また、めんそりーよ!

« ちゃんぷる文化はちゃんぽん文化 | トップページ | ソーキと排骨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/40860379

この記事へのトラックバック一覧です: うどんdeSKY?そばdeSKY??:

« ちゃんぷる文化はちゃんぽん文化 | トップページ | ソーキと排骨 »