« 島のライフラインは「船」 | トップページ | グラッチェ・スペチャーレ »

2008年9月25日 (木)

お粗末な対応。

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?

ニュースで「事故米」という言葉を耳にしない日は在りません。9月24日の強制捜査に「えっ!?未だやってなかったの???」といった感想をお持ちの御貴兄も少なくないでしょう。 そうこうしている内に、中国ではメラニン混入牛乳事件が発生、世界的な食品メジャー「ネスレ」の名前も出てきたり、いったい何がどうなっているのか?全く判らない事態にまで発展しています。

「事故米」を売りつけた側の農水省。三笠「フーズ」に売ったのは、後の調査などの対応からしても、利益誘導があったと疑われても仕方の無いことですが、事故米を「不使用」であったり、メタミドホス「不検出」である企業、店舗も流通経路にあるだけで、関係企業として「発表」したのは、不安を煽り、風評被害を拡大させた以外なにものでもない愚行、蛮行と断言させていただきます。

中国製の冷凍餃子毒混入事件の時、ある中堅冷凍食品製造業者は、テレビのインタビューに「中国は危ないので、工場をインドネシアに移します。」と言っておりました。??中国はダメでインドネシアはいいの???タイは?ラオスは??ミヤンマーは???全く意味が判りません。 別な番組では「安全を守るため、セキュリティーにお金をかけています。コストは日本で作るのと同じくらい懸けていますので安心です。」馬鹿小ー(ばかぐわー)!いみふじわからん?!

先日、石垣市新川の「マックスバリュー」駐車場脇で、日本共産党・那覇選出県議会議員の方が、演説でこんな事を言っていらっしゃいました。 「日本の財界は自動車や電化製品を売るために、危険な食品を輸入している。」 じゃあ「鎖国」でもしましょうか?いつから共産党は「国粋主義者」になったのでしょう??現時点での食料の自給率でどうやって賄っていくのでしょう?

日本の米は国際競争力は無いのでしょうか?

いえいえ、オリンピックや万博の特需でバブリーな中国。その中国のお金持ち(共産圏の国でお金持ちがいるのは、矛盾を感じますが…)達は、大金をはたいて日本のお米を買い漁っているそうです。(在中・中国人談) SUSHIがブームのEU諸国、アメリカなどでも、アジア圏ほどの量ではありませんが、日本食に合う米は「日本米」なのです。

でも、日本の農家がそれほど潤っている訳では在りませんよね。 それは、農協等が一定価格で買い取るシステムと中間業者を沢山介して国外に出る為に、農家は得をしない構造が出来ているのです。勿論、その代わりリスクも負わないという事が前提となりますが。

お酒や焼酎の流通と似ていますね。幻の焼酎「森○蔵」。万単位の値段が当たり前のようにつきますが、蔵が儲かることはありません。出荷価格は決まっているのですから。

中間業者の暗躍だけが目立ちますが、産直だけでは品物が安定しませんし、偏ってしまい、価格も「言い値」になってしまいます。 やはり流通の正当性を保つ上でも「市場の原理」が活かせる卸売市場は必要かと思います。(そういえば、事故米も幻の焼酎も「市場」は通っていませんね。)

顔の見えない人が作った食べ物を、口に入れるのに抵抗がなくなりつつある昨今。その「顔の見えない人」は その食品にどれだけの責任と愛情を注いでいるのか、今一度考えて見ては如何でしょうか?  自分の母親以外がつくったおにぎりに、違和感を感じた事ってありませんか?(個人的には自分の母親のでも違和感を感じたことがあるのですが…っていうか塩効き過ぎ!!ってこともシバシバ…。) なんて話、コンビニで買うのが当たり前の世の中で言っても仕方ないことなのでしょうが┐(´д`)┌ヤレヤレ お茶もおにぎりも、食卓ではなくコンビニのものになってしまったのは、寂しい限りです。

事故米の大量流通事件が、便利な世の中の「代償」とするならば、わたくしたちは あまりに大きな物を失ったのかもしれませんね。

愛しい女性の作るおにぎりに「違和感」を感じてみたい今日この頃…お嫁さん、こないかなぁー。

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 島のライフラインは「船」 | トップページ | グラッチェ・スペチャーレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/42587013

この記事へのトラックバック一覧です: お粗末な対応。:

« 島のライフラインは「船」 | トップページ | グラッチェ・スペチャーレ »