« 世界に誇る”T-ゾーン” | トップページ | 年越し「蕎麦」事情 »

2008年12月29日 (月)

おでんを食べて…考える?

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

内地の、それも東日本では、大雪に見舞われ、大変な年の瀬になったようですね?!冬至を過ぎ、クリスマスを過ぎて…いっこうに寒くならんぞ!石垣は!!どないなっとんどい!!(何故か播州弁)!昨日も今日も、最高気温が20度を超えて…いちびっとったら、ちゃーすぞ!!と、文句のひとつも言いたくなりますが、あいも変わらず やいまーのてぃーだはクワンクワンしよーsun

そんなやいまーでは在りますが、冬気分を味わいたく 昨晩の肴は「独りおでん」にすることにしました。

最近ではもっぱら、おにぎり・お茶・肉まんと並んで「コンビニで買うもの」になりつつある「おでん」。地方によっても色々違いが在るのでしょうが、関西では「かんと炊き」なんて言い方もありそのもの「関東風」に煮てある店も在ります。むしろ関東のほうが薄い色のだしではんなりと煮含めた物が多く、逆転現象をおこしています。 その秘密は関東大震災に起因すると言うのが面白い。 最近では「静岡風」なんていうのも、人気ですね。

うちなんちゅに言わせると、沖縄でのおでんの需要は多く、年中食べると言う事。スーパーの惣菜コーナーにも「おでん」が在ります。

大根・竹輪・がんもに蒟蒻…ロールキャベツ!ソーセージ!!…ナンコツソーキ!?足てびち!!??随分「獣臭い」おでんですね。でも、「てびちがないと、沖縄のおでんははじまらんサー!」と、おばあに言われると、なんともいえませんね。 家に帰って、一から作ることにします。

皆様、おでんの「具」は何が一番好きですか?

出汁が「しみしみ」の大根??出汁と一緒に淡雪のようにほどけるハンペン??独特の歯ごたえの竹輪麩??

関西にルーツを持つポルコは、練り物の「天婦羅」は、欠かせません。テンプラゆーても、衣つけて揚げるのちゃいまっせ!いわゆる「さつま揚げ」みたいな、魚のすり身を上げたものの総称が、京の「天婦羅」ですわ。 中でもおでんに「ごぼ天」は欠かせません。ええ出しでよるし、味よう染みよるし…。 これと一緒に熱燗をキューっと!!かぁーっつ!たまりまへん!!

寒い冬に、私鉄(阪急は除く)の高架下で…仕事帰りに「ちょっと一杯」なんて…風流ですやん!

寒くも無く、電車も無い石垣では…やっぱ、「てびち」なんですかねぇweep

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 世界に誇る”T-ゾーン” | トップページ | 年越し「蕎麦」事情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たまご!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/43565446

この記事へのトラックバック一覧です: おでんを食べて…考える?:

« 世界に誇る”T-ゾーン” | トップページ | 年越し「蕎麦」事情 »