« みみぐすい(耳薬)はぬちぐすい(命薬) | トップページ | はるうらら »

2009年1月31日 (土)

理解不能、野菜工場

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?

最近話題の「野菜工場」。先日も、フジテレビ系列の朝の番組で取り上げられて、コメンテーターの方々や司会者の方までも大絶賛されておりました。正に「未来の農業」だと言う事です。 天候に左右される事なく。年間3~4回の収穫が見込まれ、土も要らない、清潔な環境で育てられるので農薬を使わない。いいこと尽くし!スペースを選ばないので、都心のビルでもOK! いやー、凄いもんが出来たなー!と、兎に角感心してしまいました。

カゴメとオリックスの出資で和歌山につくられた「加太農園」。20haの工場が、総工費47億円、年間6000tのトマトを出荷しています。これは和歌山県の他の農家全体量に匹敵する量だそうです。

ただ、工場の方の話に所々疑問符が着き、ネットなどで調べてみましたが…よけいよく解らなくなり、「夢のハイテク農業」は、夢のままの方が幸せかも…と、思うようになりました。

このトマト、市場価格の倍くらいで取引されているそうなのですが、それにも拘らず、「年3~4回採れなければ採算が合わない」と、工場の職員。「コンピューターで環境は全て制御されている」っていったって、実際には直接コンピューターで温度を上げ下げは出来ません。(上げるのは少々?) 夏場には一日1500tの水を使い、冬にはお湯を循環させ、その為にボイラーでお湯を沸かし、年中太陽と同じ効果のある電球やLEDで日照時間をコントロールし、光合成に必要な二酸化炭素を得る為に、化石燃料を燃やすそうです。 環境に物凄い負担を強いているわけです。

1日1500tもの水、全て蒸発してしまうわけではありません。「工場排水」も問題です。富栄養化された液体肥料は環境汚染を招きます。ゴルフ場の近くや園芸農場が隣接する山形盆地の地下水の汚染は深刻な問題ですし、海に出れば赤潮の心配だってあります。

「将来的には太陽光発電とか…」と、仰っておりましたが、太陽と同じ効果といわれる電球やLEDをつける為に太陽光で発電するって…なんか…変じゃない??100歩譲ってオール電化のエコキュートなら、まあ、いいかな?でも、光合成に必要な二酸化炭素を物を燃やして得るって言うのも、ナンセンスじゃない?

「温暖化による異常気象でも影響される事なく、野菜が安定供給できる」と、おっしゃる大学教授もいらっしゃるとか!?そもそも、工場の土地にそれこそ草木を植えた方がいいんじゃない?CO2減ると思うよ!

この「工場」、外気も遮断し作業員も着替えなどをし、極力菌を持ち込まないシステムになっています。テレビでは「無菌」と言っていましたが、無菌状態ではありません。植物はスポンジ状の物質に根を張り循環させた培養液で水耕栽培されます。 以前高知の野菜工場で青枯れが発生し3万5千本ものトマトが処分され5000万円の損失をだしたとか。 菌の世界ではバランスが取れていれば、何かが突出する事はありませんが、無菌、またはそれに近い状態の時、菌の好む状態になると、一気にその菌で汚染されてしまいます。 そんなこともあり、通常屋内の水耕栽培の場合1.5倍くらい農薬を必要とするのだそうです。 また、あまり表には出ていないのですが、連作障害も「工場」のネックになっているそうです。 昔の鼻を垂らしている子供達の方が、今の清潔な子供達より、インフルエンザやノロウイルスにも強いという事と同じなのです。(だからといって、今の子供達に「鼻垂らせ!」とは、いいません。)

葉野菜はさておき、トマトなどの受粉はどうしているのでしょう?「無菌蜂?」。年、3~4回も受粉させるのですから…そんな蜂いるの?  アメリカでは蜜蜂の大量失踪がニュースになっています。アメリカの養蜂は、オレンジやアーモンドの花の季節を追って長い旅をします。しかし、最近突然途中で消えてしまう事が多発しているのだそうです。長旅がいけないのか、同じ花ばかりで飽きてしまうのか、年中働かされて家に帰りたくなくなるからなのでしょうか(なんとなく、わかるなぁー)?  工場勤めの「蜂」さんは、大丈夫?

以前、米の輸入自由化を反対した人が、こんな事を言っていました。「田んぼは実りだけじゃない。治水であり、環境保護だ!」と。なるほど、田んぼは河川の急な増水を防ぎ、田んぼの小動物が食物の連鎖をうんだり、気温の急激な変化を緩和したり…。山から海岸線までの距離の短い日本には、田んぼは必要な物でしょう。それは単に「米が採れる」という事だけではありませんね。 これが「工場」では…?

微生物や菌がいないから安全?って、都会の小学生が田んぼで蛙見つけてビビッてるのと同レベル。人間は元々「保菌動物」。 どう付き合うかは「先人の知恵」に学んだ方がいいかもね。

民放ですから、スポンサーに有利なもの言いになるのは仕方ありませんが、「バベルの塔」にしか見えないのは、私だけでしょうか?

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« みみぐすい(耳薬)はぬちぐすい(命薬) | トップページ | はるうらら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も、同感。理解不能です。
機械でコントロールされてて体にいいわけない、って感じがします。自然の力にかなうわけないじゃん!こんなことしてると、いつか大きなしっぺ返しがあるでしょうね…怖い怖い!
こういう野菜食べてたら、ますますインフルエンザやノロウイルスが蔓延しそうだね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/43912661

この記事へのトラックバック一覧です: 理解不能、野菜工場:

« みみぐすい(耳薬)はぬちぐすい(命薬) | トップページ | はるうらら »