« 年越し「蕎麦」事情 | トップページ | 消え行く伝統 »

2009年1月 1日 (木)

八重山タイムの除夜の鐘

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

明けましておめでとう御座います。 皆様去年はどんな年でした?

今年がさらに皆様にとって良い年でありますよう、心からお祈りいたします。

さて、全く季節感の無いここ、石垣やえまーですが、年越しの盛り上がりもいまひとつ…。 しめ縄やお飾りも、どこか「地に足が着いて」おらず、また、神社が無い!(正確には、白保に出雲神社が出来たそうです。)ので、「どんと焼き」の様に返納が出来ません。それを「ゴミ」として棄ててしまう辺り、文化の違いを感じます。

仕事柄、大晦日も正月も仕事ですが、仕事が終わってから「日本最南端、最西端の除夜の鐘」でも聞きに行こうかとおもい、22時頃仕事を終え、石垣市にある「桃林寺」へいってみました。地元の人の話では、鐘も撞かせていただけるとか。22時となれば丁度良いころあいかと思い、お寺に到着してみると…。

数人の中学生くらいの「わらばー」が「ゆんたくみんたく」しているだけ。あたりは閑散。何故か大音量で「紅白」が流れていました。 境内には「御神籤」や「御守」。さながら「初詣の神社のよう」。 しばらく状況が飲み込めずに、「ホロホロー」していると、とーっても暇そうに紅白をテレビ観戦しているお坊さん。 「すいませーん、除夜の鐘、何時からですか?」と訊ねると、そのお坊さん、至極当たり前のように「12時からサー」と言うお答え。???「除夜」ちゃうやん!! 日蓮宗の一部のお寺さんでは、正月の0時より鐘を撞くと言う所もあるそうですが、ここ「桃林寺」は「臨済宗」。妙心寺さんを本山にしている会派です。(蛇足ですが、うちの父方のじーさんの墓は妙心寺にあります。)

もともと「御獄」や「ニライカナイ」信仰で「ユタ」などのいる地域。大和の「神」も「仏」のないのです。 石垣の人は正月には「観音堂」に初詣に行くと言う、とってもちぐはぐな宗教観をもっているのです。

かくして、除夜の鐘は断念し、「観音様」に初詣に行くという発想を持ち合わせないポルコが、一番の不信者かも知れません。 高天原のイザナギ・イザナミも八百万の神たちの光も、さすがに届いていないようです。

「商売繁盛で笹もってこい!」

ニライカナイから、ミルク(弥勒)ユガフー(世果報)まにちゅんどー!!

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 年越し「蕎麦」事情 | トップページ | 消え行く伝統 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/43605324

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山タイムの除夜の鐘:

« 年越し「蕎麦」事情 | トップページ | 消え行く伝統 »