« 泡瀬干潟について考えて下さい | トップページ | 季節外れの暑気払い?! »

2009年1月21日 (水)

過去の遺物

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?

先日、水道管の埋設工事中に太平洋戦争時の不発弾(250K)が爆発。作業員の方が大怪我を負い、近所の建物に被害が出るという事故が糸満でありました。

もう、「太平洋戦争」なんて、過去の事と思っておりましたが、未だに日本全国で、年間1200件あまりの不発弾処理が行われているのだそうです。なんと愚かなことでしょう? ここ、沖縄では地上戦が行われた事もあり、年間800件、25tの不発弾が処理され、推定2500tの不発弾が今も処理されず、地下に眠っていると言う事です。 年間処理数は全国の70%に及び群を抜いています。 「戦争を早く終わらせる為」とか「これ以上犠牲者を増やさない為」とか、よく言われますが、これだけの爆弾をばら撒いた事実、未だに処理されていない事実の前に、「正義」をかたるなんてチャンチャラおかしいでしょう?

沖縄本島には沢山の米軍基地があります。日本の基地の7割とも言われています。 基地縮小の為機能を各地に移転させていますが、一向に基地は減りません。アメリカは移転させた分、どんどん軍備を増やしています。

日本の入間基地に「パトリオット・パック3」が配備される半年以上前に「嘉手納」に配備されていましたし、米国国外の基地では初の「F22」戦闘機が普天間にあるのは事実です。

久米島沖の「鳥島米軍実弾演習場」では、1520発の「劣化ウラン弾」が使用され、その殆どが回収されずに放置されていますし、2008年4月9日には演習区域外に250k爆弾を投下すると言う「事故」まで起きています。米軍は「この海域は深く、流れも速いので、人的、生態系的被害はないと思う」とコメントしておりますが、如何なものでしょうか?

そんな状態なのに沖縄の人は面と向かって米軍に文句は言わない(言えない)のです。なぜなら米軍関係で生計を立てている企業・個人は沢山います。 沖縄のとある市長さんは「親米派」で、基地の誘致に積極的なことで知られていますが、その奥さんは「反米派」。婦人団体で、「脱基地」のシュプレッヒコールをあげていたとか。 こういった矛盾を多く抱え、残念ながらその解決策を、誰も持ち合わせていないのが現状です。

そんな中、「「癒しの島」「まったりーな・ほっこりーな」なんてピントのずれた旅人が、現実逃避でやってきては、散らかし放題散らかして、「やっぱり帰る」って、帰ってしまうから、島人との摩擦が大きくなるのです。

補足ですが、米軍の実弾演習場「鳥島」は、「世界一美しい」と、言われる慶良間諸島の一部に属します。 世界一美しい自然の珊瑚の海に、放射能汚染の可能性のある実弾をぶっ放す、アメリカ人の良識を疑います。つーか、普通やんねーぞ!

爆弾とか戦闘機とか、日常から離れているので、ピンとこないと思います。が、沖縄本島では、金網のすぐ向こうの現実です。そして、それらは間違いなく「人殺し」に使われます。その刃は、自分の大切な人に向くかもしれないという認識を持っていただきたいのです。

War war is stupid, And people are stupid, And love means nothing, In some strange quarters.  と、歌っていた人は今獄中?!あんたが Stupid だよ?!

戦争好きの「ブッシュ」さんから、オバマさんへ「チェンジ」。「基地減らしてもらえますか?」と言ったら「イエス、ウィーキャン!」と、答えてくれますかね?

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 泡瀬干潟について考えて下さい | トップページ | 季節外れの暑気払い?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/43807666

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の遺物:

« 泡瀬干潟について考えて下さい | トップページ | 季節外れの暑気払い?! »