« ちゃー大変!花粉症。 | トップページ | 黒島は牛祭り »

2009年2月21日 (土)

ブームの黄昏

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

島に来て1年程。本島経験もあり、ゴーヤーチャンプールも八重そばも、抵抗無く箸の進める「島ないちゃー」になりました。 先日、島人とないちゃー混成で呑んでいる時に、島人の本音がポロリ。「島ないちゃーは嫌い。」と。 島に住んで18年の島ないちゃーの人や島を良く知るポルコとかは「嫌い」らしいのです。 好きな「ないちゃー」は、なーんにも知らずに憧れだけで来る旅行者。ただ「きれい」とか「癒される」とか「時間がゆっくり」といった寝ぼけた事をいいつつ、上っ面だけ引っかいて帰ってゆく。 まあ、お金は落としていきますけどね。

島人はよく言います。「ないちゃーが住みだしてから犯罪は増えたし住み難くなった。」しかしこれは正しくありません。大きな犯罪はありませんし、軽犯罪の殆どが、島の中高生。島の車の運転はひどいもの。速度こそ遅いが一旦停止はしないのは当たり前。歩道は走るは、逆走するは、指示器は出さないは、交差点の真ん中に車を止めるは…無法地帯です。しかし、今まで島人同士では、警察沙汰にしなかったのです。(みんな知り合いでしたので)それが、内地から人が入ってきた為「事故が増えた」という事になってしまったのです。

郷に入っては郷に従えとあります。島人は「昔から~」と言う事が在りますが、明和の大津波や太平洋戦争を経て、今住んでいる方々の殆どが「戦後の入植者」なのです。ですから、石垣は沖縄本島より訛りがないのです。 戦後の入植者も島ないちゃーも、大して変わりは在りません。

観光では、あまり気になりませんが、仕事で来ていると、島人のやる気の無さ、いい加減さなどに腹が立ちます。島ないちゃーはついつい、島を思いダメ出しをしてしまいます。結果、「嫌い」と言われる事が多いようです。 痛いところを指摘されるのは、やはりいい気はしないからでしょうね。

観光客にだって、表向き、いい顔はしていますが、ゴミの問題、水の問題、電気の問題など様々な問題が在ります。 資源や産業のない島で、観光客が来ないのは困るけど、来れば来るほど問題が大きくなると言う事です。

観光で何度か訪れていて、こちらに「移住」される方も多かったのですが、こういった島の事情にぶつかる事は、安易に想像できます。

本土復帰後、ずっと右肩上がりに人口を増やしてきた沖縄。去年あたりから、出て行く人が増え、人口は下降に向かっています。 東京から移住してきた友人夫婦は言います。「子供の教育レベルを考えたら、島で育てるのは可愛そう。」たしかに、親の選択としてそれはあるかもしれません。健康に育つのもいいですが、教育も、おろそかには出来ません。 花粉症にはかからないかも知れませんが、大学を受けようとする頃には、大きな差が出来てしまうのも事実です。 昼間から泡盛で酔っ払い、道路に寝転んでいる大人たちを見せるのも、教育に善いとも思えません。 でも、そんな大人がごろごろ居るのもまた、事実です。

まあ、嫌いは嫌いで結構ですが、現実逃避ばかりしていても、問題の解決にはならないと思うのですが…多くの島ないちゃーが、苦言を呈すのは、真剣に島の未来を考えているからだと思いますが、如何な物でしょうか?

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« ちゃー大変!花粉症。 | トップページ | 黒島は牛祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/44129420

この記事へのトラックバック一覧です: ブームの黄昏:

» 子供の英才教育情報 [子供の英才教育]
子供の英才教育のための情報集です。 [続きを読む]

« ちゃー大変!花粉症。 | トップページ | 黒島は牛祭り »