« 3月2日 | トップページ | 離島離脱 »

2009年3月 3日 (火)

ひな祭りとちらし寿司

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

三月三日はひな祭り。男兄弟しかいない家庭で育って、非常に縁遠いイベントであります。菱餅?雛あられ??白酒???全く縁がありません。 雛人形、豪華○段飾り!なーんてものも、見たことありません。 ここ、沖縄にもあんまり根付いてる風習とは言えないようです。

ただ、ひな祭りとは限りませんが、人が集まるときはよく「ちらし寿司」が登場したような気がします。

最近の江戸前寿司屋さんの鮮魚を使った豪華絢爛な「吹き寄せちらし」ではありません。 京の(福知山?)の「バラちらし」です。干瓢・シイタケ・蓮根・絹さや・錦糸卵などなど、沢山の具を寿司桶で合わせて…。今でこそ、「~の素」「~のタネ」「~太郎」などという 便利な物があって、「直ぐ出来る、安直なディテール。」になってしまいましたが、一つ一つの具をバラバラに調理する事が必要で結構手間。 母方の祖母が、「富野荘」での、親戚の集まりで振舞ったのを思い出します。 こういうのって、引き継がれて…えっと…いない…みたいですね、うちの家庭には。 うちではずっと前から「すし太郎」。

ひな祭りのきょう、家庭でちらし寿司を作っている親御さんもいらっしゃるのでは? ちなみに日本料理店では雛祭り料理は「手毬寿司」に「蛤の椀」ですね。 料理屋の料理も良いけど、家庭の味、大切にしたいですね。 (CMで某フライドチキンチェーンが「手造り」といっているのは如何のものでしょう?あれが手造りなら全部手造り。足じゃ作れませんからね。)

内地は寒くなるそうで…。ちらし寿司もいいけど、こういう日には「蒸し寿司」もよいのでは?穴子と錦糸卵たっぷりの蒸し寿司は、底冷えする京都の名物です。寒い日には、温かいちらし寿司なんかも良いかも知れませんね。(レンジで「チン」すれば、すぐ出来ちゃいますけど。) 江戸前、吹き寄せちらしではこうは行きません。

雛祭り、お客様を招いて…ちらし寿司は大勢で食べた方がおいしいかもね!?

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 3月2日 | トップページ | 離島離脱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/44231013

この記事へのトラックバック一覧です: ひな祭りとちらし寿司:

« 3月2日 | トップページ | 離島離脱 »