« 腕と技術 | トップページ | インフルエンザ拡散中 »

2009年5月17日 (日)

一杯やりませんか?

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

飲酒量が減っていくのは世界的な傾向です。 お酒のスタイルも軽くなっていくようです。 

こと、日本では、ビールの変わりに発泡酒、第三のビールなどが台頭し、ビールをしのぐ勢い。 こればっかりは日本だけの傾向ですが…。

先日、田嶋某さんというフェミニストの女性議員さんが「酒」「車」なんていうのは「男」の象徴!と、断罪されていましたが、歯切れの良い女史も、旧世代の考え方なのかと 少々残念ではありました。

日本で酒を呑むというと「酔っ払う」であり「泥酔する」事になります。全てを忘れて痛飲するのも嫌いでは在りませんが、ヨーロッパの洗練された飲酒事情とは随分と違うような気がします。

女性のお酒といえば、カクテルやシェリーも素敵ですが、なんと言ってもシャンパンはレディーによく似合うお酒のひとつではないでしょうか? レストランにある、あの細身のフリュット・グラスはとても無骨な男の手には似合いません。 何よりパーテーィーでだされるシャンパン用のクープ・グラスは、イブニングドレスを着た女性の胸元に配慮した、女性の為のグラスなのですから。 しかし、まあ、昔の淑女の方も大変で、シャンパンの炭酸でげっぷをしないように、炭酸を抜いてから飲んだとか(美味しいのか?)…。

日本酒だって、女性の呑む仕草は、艶っぽく素敵ですよね。

まあ、現在の肉食系女子は、さしずめ缶の発泡酒をラッパ飲みしげっぷも…。どちらがよいのか悪いのか???

食前に、さりげなく「ミモザ」や「キールロワイヤル」を嘱望されるフリーの女性、いらっしゃいませんかねぇ。

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 腕と技術 | トップページ | インフルエンザ拡散中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/45047494

この記事へのトラックバック一覧です: 一杯やりませんか?:

« 腕と技術 | トップページ | インフルエンザ拡散中 »