« 出戻り…?! | トップページ | 「にごり」「ニコリ」 »

2009年9月15日 (火)

贔屓の引き倒しではありません!

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

勝山館がイタリアンにリニューアル!と言うのは、先日のブログでご紹介致しました…が、今日はその「勝山館」のリニューアル、グランドオープンの日。 そう、この間ビルドしていた石窯が、その真価を問われる日でもあります。 その「グランドオープン」の11:30分、予約をいれました。

11:30をまえに、もう 既に何組か待っている様子。席に案内され、間髪入れずに「ピッツア・マルゲリータ」を注文! でも「ビアンカ」や「パスタ」も、食べたい!だって「がちでむぬん!」。 しかし、給仕の方に「結構ボリューム在りますよ」と、注意を受け、「とりあえず」ピッツアのみ注文。…待ちました。前菜等をたのまなかったせいもあり、ちょっと待ち時間が…で、やってきたピッツアは…「でかっ!!」。目の前に置かれたのは、堂々たる「ナポリ・ピッツア」。 おもむろに、カット、かぶりつき…「ボーノ!ボーノ!!」食感、香り、味。モルトボーノ!!! こりゃーレヴェル高い。 仙台ではナプレさんと双璧といって過言ではありません。 いきなり「頂上決戦」。 いやー、ピッツアナポリターナさんざん喰ってきましたが、クオリティー高い! これに比べりゃ、「○ポリの窯」や「○ィベルデ」なんか「クズ!」としか言いようが在りません。 石窯つかやー旨いかって、そりゃ、間違いだろ?! ごめんなさい、比べるのが失礼でしたね。 しかし、東京の名店とか神戸の名店、イタリア、フランスで、さんざん喰いまくったが、「ナプレ」と「ショーザン」は「本国」レヴェルでした。

ここを読んで頂いてる方にはご理解頂きたいのですが、「石窯だから美味しい」のではありません。 「美味しいピッツアを石窯で焼くと、さらに美味しい。」のです。 旨くない量産の冷凍生地は、何で焼いても「旨くない」のです。(解りましたか?!ス○ロベリーコーンズさん、○ュッカ(ディヴェ○デさん?))  。

マスコミガ、こぞって「石窯だから…」の引用。マージ・アリエンティー。

基本的に美味しい物に、ファクターとして機材が加わり更に高みを目指していく…それは「アリ」ですが、基本的に美味しくない物は、どんなファクターが、加わろうとも たいして代わり映えはしないと思います。 ただ、消費者の皆様が、宣伝に惑わされる事は、往々にして考えられますが…。「ナマパスタダカラオイシイ」「イシガマダカラオイシイ」。

一度でいいから、体験して欲しい。「ナプレ」さんでも「ショウザン」さんでも。 ピッツアナポリターナってこんなもんだ…って。 宅配物とは違うんだ…って。 そうすれば、基準も変わる筈。 ツートップは決まったが、ほかはありませんか? トンペー近くの「ニ○」も、トルコ人の「イ○ンヤ」も富谷も…イマイチ。 まあ、あとは好みの問題と言ってもいいでしょう。

しかし、本科がイタリアにないのに「ピッツア」や「パスタ」を語るのは如何なものでしょう?

今日のいちばんの失敗は、車で行った事。 ピッツアには「ビール」でしょ?!「モレッティー」で、一杯!っと、いきたがったが、車の為「サンペレグリノ」。トホホです。

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 出戻り…?! | トップページ | 「にごり」「ニコリ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/46221288

この記事へのトラックバック一覧です: 贔屓の引き倒しではありません!:

« 出戻り…?! | トップページ | 「にごり」「ニコリ」 »