« 亜米利加の正義? | トップページ | ステーキのレアはタタキじゃない!!! »

2009年9月 8日 (火)

追伸

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

以前に沖縄普天間基地移転問題で、キャンプシュワブ沖への移転計画の沖合いへの修正案に米軍が難色を示している事を書きましたが、何故か今月に入り「計画修正はOK」と、米軍から発表がありました。

 今までの(自民党)日本政府は、会議の前に根回しをし、結論と結果をだしていて、会議では波風を立てないという手法でした。 しかし、次期政権の「タフ・ネゴシエーター」の姿勢に対応を変えてきたのだと考えられます。

民主主義は非効率的ではありますが、こういった効果があります。 古代ローマで始まった直接民主主義。 日本では、代議士による間接民主制。どちらも話し合いに時間はかかりますが、結果には期待できるのでは…?

以前勤めていた会社、半官半民の道路系の会社でしたが、会議の前に全て決まっていてレジュメと言うより時間表。意見も発言も会議中はNG…って、何の為の「会議」なのでしょう? ちなみに社長は元霞ヶ関の官僚。勿論、天下り。  民主党さん、大変ですよ!!

どっちにしても、普天間代替・キャンプシュワブ沖って、リゾートホテル「カヌチャ」の目の前。いっそのこと「メガフロート」にして、移動可能にしてみては?

台風のドサクサにまぎれ、黒潮に乗せて流してしまっては…?

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« 亜米利加の正義? | トップページ | ステーキのレアはタタキじゃない!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/46159521

この記事へのトラックバック一覧です: 追伸:

« 亜米利加の正義? | トップページ | ステーキのレアはタタキじゃない!!! »