« Italia irredenta(未回収のイタリア) | トップページ | そんな大量に… »

2012年9月28日 (金)

ラー油!

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

 

あんなに暑かった夏が嘘の様。一雨毎に秋が深まるのを感じます。

塩釜高校のお嬢さんが、再来店してくれました。

新聞を作る為の「写真」を撮りに来たのでしょうか??

Spaghettini alla Pomodoroを撮影後、召し上がり、「今までにない味…ラー油??」とのコメント。予備知識もないのにテイスティング能力は確かなようです。

 

 

辨油。冬になると埼玉から売りに来る「18㍑」のカトウの…ではありません。

(あれっ?!フォントが変わってしまった!?ま、いいか。)

 

「辨(ラー)」は中国語で「唐辛子辛い」の意味。
つまりは「辛い油(そのまんまやん!)」が「ラー油」という事です。

作り方も至ってシンプル。唐辛子の粉に(焦げないように)水を混ぜ、沸かした油を注ぐだけ。

昔はよく唐辛子の粉が入っているものが多かったのですが、最近はあまり見かけなくなりました。

昭和の大衆中華料理屋では、ラー油を手作りしているお店が多かったような…(くたびれた油の再利用という意味も大きかったのでしょうが…。)

イタリア料理もオリーブオイルの中でニンニクと唐辛子を火にかけ、香りを出します。このへんが、高校生的に「ラー油」と感じられたのでしょう。

ボキャブラリーが足りないだけで、ちゃんと感じていることに感心しました。

オジサン安心しました。

 

 

 

 

さて、最近は暇にかまけてチーズ作りに挑戦しています。

近所のパテシエ、ヴァンサンさんが大郷から生乳を分けてもらっていて、おこぼれをもらい「モッツアレラ」と「リコッタ」を作って見ました。(ヴァンサンさんはノルマンディー人なのでカマンベールタイプのものを作っていました。)

モッツアレラは失敗でした。

20120924180202_2


リコッタはおいしくできましたdelicious

人生まだまだ「精進」ですね。

いろんなことに挑戦するのって、楽しいです!

いろんなもの作ってみますので、食べに来てけらいん!

では、

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« Italia irredenta(未回収のイタリア) | トップページ | そんな大量に… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/55763320

この記事へのトラックバック一覧です: ラー油!:

« Italia irredenta(未回収のイタリア) | トップページ | そんな大量に… »