« スピリッツにはテロワールは無関係?! | トップページ | 正解は…ありません?! »

2012年9月23日 (日)

迎合

ハイサイ!ちゃーがんじゅーね?!

  
ご高評いただいている沖縄産モロミ豚の自家製サルシッチャ。

近所のフランス人パテシエも「コム・フランセーズ」と、お気に入り。

そりゃ、豚が旨いのと、結着剤も発色剤も化学調味料もオール・フリーですから。

…しかし、ある時、近所の食品加工屋さんの社長さんが、

「ぜんぜん旨みが足りない!」「味がしない!」と、仰いました。

そうなんです。「かまぼこ」などの水産加工品や「つけもの」は「食品添加物の百貨店」というくらい添加物を入れ化学調味料やたんぱく質加水分解物で調味されている食品です。

その味付けに慣れてしまった社長さんには、天然の豚の旨みだけでは「足らない」と感じてしまうのです。

 

最近の加工食品は、この「旨み成分」が過剰です。

スナック菓子などそれを誇るかのように「コンソメWパン○」や、「ハッ○ーパウダー2倍!」などと謳っています。

 

食品製造会社の方々も化学調味料を減らしたり入れなかったりすると「不味くなった」「味が落ちた」と言われるので、使わないわけにはいきません。

「無化調」と言ったところで「たんぱく質加水分解物」は「食品」扱いなので、ほとんどのものに添加されています。

消費者が添加物や化学調味料を「要求」しているのです。

 

会社だって、売り上げが大事です。

 

また、大量に漬物を漬ける会社などもっと大変です。

この夏、O-157で食中毒を起こしてしまった「浅漬け」。

より厳しく原材料を「消毒」しなくてはなりません。

野菜を「分割」して「洗浄」すれば菌はいなくなるかもしれませんが栄養も成分も味も全て無くなってしまいます。

味も素っ気もない野菜の残骸ですからよけいに「調味」が必要になります。

また、菌が繁殖しない塩分濃度まで上げないので、添加物がこれまた余計に必要となるのです。

練り製品も「SURIMI」で輸入して味をつけているのですから同じ事。

鹿児島や焼津の郷土料理として味わえるくらいで、本当に美味しい「練り製品」には、なかなか出会えません。

「安いから」…

でも、そのハムやソーセージ、かまぼこや竹輪、大丈夫??

勿論、値段でその物をチョイスすることに異議はありません。

でも、全ての基準がそこではないことも、ご理解ください。

 

ラーメンだって「無化調」がトレンド。

消費者の意識も変わると良いのですが…ね。

 

あちゃがふーうがんなびら。また、めんそりーよ!

« スピリッツにはテロワールは無関係?! | トップページ | 正解は…ありません?! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506274/55725784

この記事へのトラックバック一覧です: 迎合:

« スピリッツにはテロワールは無関係?! | トップページ | 正解は…ありません?! »